すっぴんメイク CCクリーム

すっぴん風メイクの方法

かつての派手な華やかメイクはどこへやら、今はすっぴん風メイクが大流行です。
インスタグラムへの投稿写真を見ても、モデルさんやタレントさんの間でのナチュラルメイクの愛され度が伝わってきます。
健康美は、かつてないほどの脚光を浴びていて、今後はますますこの勢いが加速しそうです。

 

すっぴん風メイクで押さえたいポイントはなんといっても素肌感です。
そんなすっぴん風メイクに使いたいおすすめの化粧品はccクリームです。
しっかりとしたメイク仕上がりを目指しているBBクリームとは異なり、
厚塗り感を漂わせずに、本来の肌が持つ赤味や、くすみなどの色素の沈着を上手にカバーしてくれるのがこのccクリーム。

 

ベースメークの段階で厚塗りになってしまうと、日中のメイク直しにも時間と手間がどうしても掛かりますが、
このccクリームの中には、化粧下地を兼ねているタイプが多いので、昼間のお化粧によれが出にくく、とても重宝します。

 

それでは具体的に、すっぴん風メイクの方法をたどっていきましょう。

 

まずは下地を兼ねたccクリームを、鼻、顎先、両頬、おでこ、の5か所に置いて延ばします。
この時、肌を強くこすってしまうのは、肌への負担が大きいのでNG。
女性の顔の肌はたいへんに薄くてデリケートなので、特に毎日メイクする人は、この点は要注意です。

 

指やメイクスポンジで、顔の肌の上に、ぽんぽんぽんと、あくまで優しく乗せてあげるようにします。
小鼻の周りは筋肉が動きやすく、特によれやすいので、薄目に乗せましょう。

 

次に、人気のチークですが、あくまでさりげなくを心がけます。
チークのCMで見るような、明らかに頬の上にくるくると円状に乗るあでやかなメイクは、すっぴん風メイクの場合には遠慮をしましょうね。

 

さて、チークの位置ですが、微笑んだときに最も高くなる両頬に、小さめに差します。
あるいはお風呂から上がったばかりの自分の顔を鏡で良く見て、その時に自然に上気している部分にやはり小さい面積で乗せましょう。
すこし年配の女性であれば、これらの位置よりも、さらに、気持ち上の部分に差してあげると上品でナチュラルです。

 

色味を持つチークを差しつつ、すっぴんに見せるためには、指の腹で丁寧にぼかしてあげる工程が大切です。
特に、色味のある部分と、色味のない肌の境界を丁寧にぼかしましょう。
ブラシでもできますが、チークをブラシでナチュラルにぼかすことは、プロのメイクアップアーティストにも難しい技だとされています。
すっぴん風メイクを上手に仕上げるためには、指先の鋭い感覚を多用します。

 

その他にすっぴん風メイクを楽しむときに心掛けたいのは、リップが顔に持たらせてくれる瑞々しさです。
唇がつやつやしているだけで、ワントーン明るい肌の色を見る人に印象付けることができます。
リップは唇の輪郭に沿わせ過ぎないこともポイントです。あくまでナチュラルなラインを、唇の上下ともに心掛けるようにします。
リップライナーを引き慣れている人も、ナチュラルなメイクでは、ライナーは手離しましょう。

 

すっぴん風メイクは引き算のメイクで、繰り返しになりますが、その命は素肌感です。

 

すっぴん風メイクを謳歌するためには、肌の保湿と睡眠、それからバランスのとれた食生活が、実は大切です。
ばっちりメイクでは隠せても、すっぴん風メイで生活の乱れを隠すことはなかなかできません。

 

そして、見る人をも心地よくさせるナチュラルなメイクをエンジョイするために、普段の生活から見直してみるのは、自分のためにもなりますよね。
透明感が愛されるすっぴん風メイクが一朝一夕では手に入らないのは、素敵な女性の内面が1日では完成しないことに通じています。
すっぴん風メイクが長く愛されている理由も、こんなところにあるのかもしれませんね。

 

明るい気持ちで健康的な毎日を過ごして、すっぴん風メイクで今日も一日を楽しみましょう。