すっぴんメイク CCクリーム

メイク方法としてここ数年人気なのが「すっぴん風メイク」です。

すっぴん風メイクとは

まるでファンデーションを塗っていないような、ナチュラルな仕上がりにするメイク方法です。
ですが、肌トラブルがあるとそれを隠すためにコンシーラーやリキッドファンデーションを使わないと隠せなくなります。
こういったアイテムを使うとすっぴん風メイクは完成することができません。

すっぴん風メイクができるアイテム

肌トラブルがあっても、すっぴん風メイクを目指せるのが「ccクリーム」です。
カバー力はBBクリームの方が上なのですが、その分しっかり塗った感が強くなってしまいます。
ccクリームはカバー力は高くないものの、肌の色を均等に整える効果が高いので、全体に統一感のある肌にしてくれます。

 

全体の色味を統一させることでキメが整って見えますし、素肌っぽさを高めてくれる効果もあります。ccクリームがあれば、リキッドファンデーションやコンシーラーも要りません。ccクリームには毛穴カバーやコンシーラー機能があるので、別使いでコンシーラーやリキッドファンデーションに頼らなくても、ccクリーム1つで肌を綺麗に見せることができるのです。

 

もし、気になる部分あればルースパウダーを軽く乗せるだけで、十分にカバーすることができ、チークを乗せてもナチュラルに仕上げることができます。ccクリームなら初心者やこれからすっぴん風メイクを目指したい人でも、メイクしてます感がなく、抜け感のあるすっぴん風メイクを簡単に出来上がるのです。

 

ccクリームの「cc」とはコントロールカラーやカラーコンディションの略で、肌の粗を色で補正するものです。ccクリームは美容液、下地、コントロールカラーがくっついたものです。ファンデーションではないので、すっぴん風メイクで使うときはファンデーションは使用しません。ccクリームは肌負担が少なく、石鹸で落ちるタイプも多いので、すっぴん風メイクのような素肌美を重視する人にマストなアイテムなのです。

ccクリームの基本的な使い方

ccクリームは色補正をして肌の欠点をうまくごまかすことで、全体的に美肌に作り上げてくれるアイテムです。使い方はとても簡単です。スキンケアの後に適量を手にとって顔の真ん中から外へ伸ばしていくだけです。BBクリームより多めに使うのがポイントです。光を味方にしてくれるのですっぴん風メイクでも肌を綺麗に見せてくれます。

どんなccクリームを使うと良いのか

ccクリームには色々な色があります。肌の悩みによって使い分けますが、すっぴん風メイクを楽しみたい場合は、肌色のccクリームがおススメです。

すっぴん風メイク術

ccクリームですっぴん風メイクをうまくやるポイントは「薄く重ね塗りすること」です。ccクリームを肌の気になるところだけを薄く重ね塗りをします。薄く何度か繰り返し重ねて塗ることで少々の粗なら隠すことができます。

 

ccクリームだけでは気にある場合や隠し切れないといったときは、パウダーを併用することで、より肌の気になる部分を上手く隠すことができ、すっぴん風メイクへと近づけることができます。

 

「1.ccクリーム単品のみ」
休みの日やちょこっとしたお出かけならccクリームのみでOkです。ササッと塗るだけでキレイ肌を演出してくれます。
「2.ccクリームとパウダーの併用」
ccクリームで肌を均等にし、色むらを抑えた後に手持ちのパウダーを軽くたたくだけでナチュラルでありながら美しい肌にしてくれます。コンシーラー代わりにもなるので、余計な厚塗りをすることなくカバーできるので、メイク崩れの不安を軽減してくれます。ccクリームとパウダーをダブルで使うことでより美肌感がアップすることができます。

 

近年注目されている「すっぴん風メイク」は「ccクリーム」を上手く使うが重要なポイントでccクリームだけでは不安な場合はパウダーを併用することで、すっぴん風メイク成功につながります。

↓↓公式HPにリンクしています↓↓