すっぴんメイク CCクリーム

私はccクリームとの出会いですっぴんメイクにたどり着きました。

三重県在住の20代後半女性です。

 

私は20歳になるまでメイクにほとんど興味がなく、すっぴんメイクというよりも、すっぴんだけど眉毛だけ描いているという感じで した。
そんな私は化粧品会社に勤めている友達の勧めもあり下地、ファンデーションを購入することに。
始めは一生懸命まじめに塗っていましたが、ここで致命的な問題が…それは私は朝が苦手な上朝が早い仕事に就いており、メイクにかける時間があまり作れなかったということです。

 

始めは早く起きてメイクをしていましたが、それも長くは続かずでした。
そこで出会ったのがBBクリームです。下地、日焼け止め、ファンデーションがひとつに!というもの。私のような人間の為の魔法の化粧品!朝も格段に楽になりました。

 

その頃チークにも興味を持ち少し女の子らしくなったような気がしてメイクが楽しくなってきていました。
ただ、それもただの自己満足に過ぎなかったようで周りからは「あんまり変わらないね。」や「化粧してるの?すっぴんっぽいね。」など
メイクをしたことを褒めてくれる人がおらず、逆に落ち込んでいました。今となってはこれが褒め言葉と受け取れるのですが…。

 

そのころの私はメイクをしたことを褒めてほしかったのです。そこで私は濃いめのメイクに手を出してしまうことになります。
迷走期です。眉毛もその頃流行っていたナチュラル太眉毛。リキッドアイライナーとマスカラも購入し、濃いめにラインを引き、バサバサになるまでマスカラもつけていました。

 

チークもとりあえず、雑誌で可愛いなと思ったピンクのチークを購入し、これでもかというほど…。
ファッションも少しギャル寄りのを好んで購入するようになり、セクシー路線とでもいいますか。
今となっては目を塞ぎたくなりますが。実は私は身長が低く童顔な為、ギャルメイクもセクシーな洋服も似合わないのです。
それに気づくのにえらく時間がかかってしまいましたが、ようやく気付き始めたその頃。BBクリームならぬccクリームというものに出会いました。

 

BBクリームと違うところはコントロールカラーが入っており、よりナチュラルに仕上がるというもの。
早速購入し使用してみると、自分の肌に合っているような気がしました。濃いめのアイライナーもバサバサのマスカラもやめて、ナチュラルなブラウン系を選ぶようになり、チークも雑誌を見て選ぶのではなく、自分に合いそうな色をと試してみるとオレンジ系が自分に合うことが分かりました。

 

すると、みるみる内にナチュラルなメイクに…。今までとスキンケアは変えてなかったのですが、バッチリメイクをやめてから「綺麗になったね」やナチュラルにしてから逆に「大人っぽくなったね」と言ってもらえるようになりました。

 

気づくと、これがすっぴんメイクなのでは?と思うようになり、今でもその頃からのメイクの基本形は変わっていません。
もっともっと綺麗になりたいと思うのは今も昔も変わらず、まだまだ自分に合ったメイクを研究して行きたいなと思いますが、やはり1番は自分をしっかり知って自分に合う色の化粧品を選ぶことです。

 

そうすると自ずとナチュラルにすっぴんメイクになっていくのではないかと思います。
雑誌などを見て研究するのももちろん大事で、参考にするには非常に良い教科書ですが、私は雑誌を真似しすぎて自分らしさを見失い、ナチュラルのカケラもなければすっぴんメイクでもないただの濃いめメイクになってしまいましたので、雑誌等はほどほどに、自分の顔と睨めっこしていろんなカラーを試した方がずっと自分らしいナチュラルなすっぴんメイクに近づけるのではないかと考えています。

 

メイクは少しのことで女の子を変えてしまう魔法です。いかに自分らしいメイクをするかがすっぴんメイクへの近道だと思います。
毎日5分だけでも自分の顔と向き合っていればそのうちきっと自分らしさ、見つかります。

 

↓↓公式HPにリンクしています↓↓